秋の肌トラブルの数々は夏の肌管理が原因!

f:id:sukanena:20190903083903j:plain


秋になると肌トラブルに悩まされる方が増えてきます。

 

1年を通して肌トラブルが少ないという方でも、秋になると思ってもいなかった肌異常が続出してしまうようで、鏡を見るのが怖いと言う方もいらっしゃるとのことです。

 

秋に起こる肌トラブルの原因は夏にあります。

 

夏という環境が肌にとっては最悪な状況なのですから、自ずとトラブルが肌に生じても当然と言って言いでしょう。

 


強烈な夏の紫外線は肌にとっては酷ですし、暑さで流れる汗、さらに冷房の効いた部屋にいることが長くなることで、体がぐっと冷えて代謝が低下してしまうと言ったことが起きてしまいます。

 

つまり肌にとって不適切な夏に、肌管理ができていなかったことが原因で、肌トラブルが起こってくると言うことなのです。

 


夏のツケを秋に支払うことになる訳ですが、放置したぶん利子が付いてきますから、思うように肌が元に戻らない、回復し難いことが多くなるようですから、回復するまでに骨が折れることになってしまうのです。

 

ですから、放置しがちなのが夏肌であり、ケア不足に陥ってしまい、泣くことになるのが少なくないのです。

 


そして、アッと言う間にシワが深くなり、シミは現れ、くすみが生じるなどの老い肌になってしまうのが、秋なのです!


それでは、老い肌にならないためには初秋の肌は、どのようにすればいいのでしょう?

 

 

老い肌にならないためには・・・

老い肌にならないためには夏に傷んだ肌を修復し、癒してあげることが重要なのです。

 

しかし、忙しさからかまけてしまうと、ニキビができてしまうことがありますし、シミ、ソバカス、くすみ、かさつき、ごわつききなどが起きてしまいますね。

 


ですから、毎年同じような状況に陥って肌トラブルが起きるのであるのなら、起こる症状に早急に対処しなければ、老い肌はさらに前進することになってしまいます。

 


それでは夏に受けた肌の痛みを、どのように処置するのが最適なのでしょう。

 

完璧なほどの対処とは言わないまでも、十分な処置を施さない場合には毎年のように肌トラブルが起こると考えて良いでしょう。

 

f:id:sukanena:20190903083943j:plain


どのような対処をすべきか、下記に記述しましょう。

  

 

毎年秋に起こる症状への対処

秋の肌トラブルは夏の肌管理の不適切になりますから、夏になる前から紫外線の排除と保湿は十分行うことが必要なのですが、トラブルが起きた場合は下記のように対処すると良いでしょう。

 


< ニキビが起こる場合の対処 >

 

秋は気温の変化が著しくなり、急な湿度の低下もありますから肌は乾燥傾向にあります。

 

不十分な保湿はニキビの原因になりやすいですから、肌への負担が掛からないような洗顔をしつつ、保湿ケアはしっかり行うことが大切なのです。

 


< シミやそばかすが起こる場合の対処 >

 

そばかすは遺伝的要素が強いですが、シミは紫外線の強い影響によって起きることが多いですから、紫外線を浴びない生活を行いながら優しい洗顔を心掛け、保湿とビタミンCを摂取するようにします。

 


< くすみが起こる場合の対処 >

 

秋の乾燥が進むと角質が厚くなり、肌のくすみが目立つことも多くなります。

 

肌を乾燥させないように保湿を入念に行い、血行が良くなるようにマッサージをすることも、秋の肌くすみの改善には有効になるしょう。

 


< かさつきが起こる場合の対処 >

 

目元や口元にかさつきが目立ち始めるのも秋ですね。

 

顔全体の保湿はもちろんですが、目元や口元などは皮脂の少ない部位になりますから、保湿力の高めのクリームなどで十分な保湿をするように心掛けましょう。

 


< ごわつきが起こる場合の対処 >

 

秋の肌のごわつきも、夏が原因になります。

 

ターンオーバーが順調に行われれば何の問題も生じませんが、夏の強い紫外線を浴びたばっかりに古い角質が剥がれ落ちずに肌に残ってしまった結果、肌のごわつきが起こってしまったのですね。

 

ですから、肌にごわつきを感じた場合は早期に古い角質をスクラブなどで取り除くことが必要なのですが、取り過ぎるとかえって肌を痛めることになりますので注意は必要ですが、優しい洗顔と十分な保湿を心掛けることも重要なのです。

 


このように秋の肌トラブルは、夏の不適切な肌管理が原因ですから、夏を迎える前に肌の保湿に十分留意しなければ、毎年悩める肌を続けることになり兼ねません。

 


夏の肌トラブルが秋に引きずらないためには普段から肌の保湿以外に、油分の補充と栄養バランスにも気を使う必要があるでしょう。

 

 

まとめ

夏は楽しいことがたくさんありますから、少しぐらい肌の面倒を見ない、見ていられないと言う方もいらっしゃいます。

 

その結果、秋口になると夏の肌管理をおろそかにしたツケが回ってくるのが常なのです。

 

そして、肌が汚れてしまうことが起こり、肌改善にたくさんの時間とお金を要することにもなり兼ねません。

 


いつまでも肌トラブルのない綺麗な肌でいるためには、夏の肌管理は絶対に必要なのです。

 

そして、綺麗な肌でいることが出来れば、老い肌の見られない若いお顔でいられるのですね。

 

 

 

 

 

金属アレルギーは汗の流れる夏に起きやすい!

f:id:sukanena:20190730094843j:plain

 

季節ごとに肌トラブルは起きてきますが、夏に起きるトラブルもなかなか厄介と言えそうですね。

 

夏と言えば、流れる汗です。

 

この汗が、肌へのトラブルメーカーになっていると言ってもいいでしょう。

 


汗から想像する疾患と言えば、「あせも」になると思いますが、普段オシャレで身に着けているアクセサリーなどによっても、汗が関係するトラブルが起きているようです。

 


女性が身に付けるアクセサリーには、ネックレスやピアス、ブレスレットなどが思い付きますが、時計もアクセサリーの一つに数えることもできるでしょう。


このようなアクセサリーが肌と直接触れる可能性が高いのが何と言ってもピアスになるでしょう。

 


耳に穴を開けていない人もおりますが、ピアスホールがある方は一度穴にピアスを通すと、家に帰るまで外すことは少なく、皮膚の薄い耳と接触している時間が長くなることになります。

 


ネックレスやブレスレット、時計などはどうかと言いますと、汗を掻いた時などはいったん外し、汗を拭き取った後、再び付けることになるでしょうから、ピアスよりも接触時間は長くないと思います。

 


汗を拭き取ったとしても、暑い夏の時期などは直ぐに汗が噴き出ることが多いです。

 

時計の裏側などは、汗の粒粒が繋がって滴り落ちてくることも少なくないでしょう。

 


汗で濡れて、気持ちが悪くなっても何にも起こらなければいいのですが、時として痒くなったり、赤くなったり、かぶれが起きてしまうことも珍しくないようです。

 


このような身に付けたアクセサリーが原因で生じた症状は、金属アレルギーによるものと考えて間違いないでしょう。

 

それでは、金属アレルギーを詳しく見て行きます。

 

 

金属アレルギー

汗と身に着けたアクセサリーが接触すると、アクセサリーの金属から溶け出した金属イオンが、タンパク質と結合して変性が起こってきます。

 


体は、変性したタンパク質を異物とみなし、白血球は攻撃を始めてしまうので、痒みやただれなどのアレルギー反応が起きてきます。

 

これが金属アレルギーです。

 

それではどのような金属がアレルギー反応を起こすのでしょう?

 

 

金属アレルギーを起こす金属とは

金属アレルギーを起こす金属は、イオン化傾向が大きい金属になります。

 


つまり、イオンになりやすい金属ほどイオン化傾向が大きいことになり、金属アレルギーを起こしやすい金属と言うことになります。

 


イオン化傾向の大きい金属にはニッケルやスズ、クロム、亜鉛、鉄、銅などがあります。

 

逆にイオン化し難い金属ほどイオン化傾向が小さいことになり、金属アレルギーは起きにくいことになります。

 


イオン化傾向の小さい金属には、金やチタン、プラチナ、銀などがありますが、いずれも高価な金属ですから、使い難いと言う欠点があります。

 


使い難いことから、他の金属を混ぜることが良くあり、その混ざった金属が原因でアレルギー症状が良く起きるのです。

 


ほとんどの貴金属には、何かしらの金属が含まれておりますから、イオン化傾向の小さい金属と思ったところで、含まれている金属が原因でアレルギー反応が起こり、金属アレルギーの判定が下されることもあるのです。

 


汗には様々なミネラルが含まれていることは、御存知のことと思います。

 

汗にも、ニッケルやクロム、鉄、銅などが含まれております。

 

食事から取り入れるミネラルは体に必要なものなのですが、偏った食事を摂ると金属アレルギーを起こすミネラルを多く摂ってしまうことになり、これらのミネラルが発汗時に大量に皮膚に現れ、金属アレルギーの発症要因になる可能性も否定できないと言うことなのです。

 

ですから、ミネラルを体に取り入れるにしても、バランスの良い食事は非常に大切なのです。

 

金属アレルギーの症状

金億アレルギーの症状は、汗と金属が触れていた皮膚に次のような形で現れることになります。

 

・ 発疹やブツブツができる

 

・ 痒みが現れる

 

・ かぶれが起こる

 

・ 赤くなる

 


このような症状が、汗とアクセサリーの金属が接する皮膚に現れることになります。

 


金属アレルギー反応は汗が原因の場合が多いのですが、口の中でも起こることがあります。

 

どうして口の中で金属アレルギーが起きるのでしょう?

 

 

口の中で金属アレルギー

歯にトラブルが起きて義歯を装着する、あるいはブリッジをするようなことが起きた場合に、使われる金属には金や銀があります。

 


ですから、金歯を入れたとか、銀歯にしたと言った話を耳にしたことがあると思いますが、純金や純銀使われていることはありません。

 


金や銀に亜鉛インジウム、さらにスズやアルミニウムなどが含まれた合金が使われているのが常ですから、こういった金属が原因で口の中や周辺に金属アレルギーの症状が現れて来ることもあるのです。

 

唾液によって金属が溶けて金属イオンとなり、アレルギー症状起こすのが、歯科医院で起こる金属アレルギーと言うことになります。

 


歯科における金属アレルギーは口内炎口角炎、口唇炎などとなって現れてきますから、異常が見られた場合は歯科医師に報告し、使われている金属を変えて貰うなどの対処をすべきでしょう。

 

金属アレルギーの防ぎ方

汗を掻いた時には、早めに汗を拭き取るようにしますが、身に付けるアクセサリーの素材にも注意を払う必要があります。

 


身に付ける貴金属は純度の高い商品にしましょう。

 

安価な商品は、メッキが施されているものがほとんどですから、メッキが剥がれたら地金が現れることになりますから、その地金で金属アレルギーが起こる可能性が非常に高くなると言うことになります。

 


また高価な金などでも純度が低いと、イオン化傾向の大きい金属が大量に使われますから、自ずと金属アレルギーの発症する危険が高まるということになります。

 

そして、汗を掻きやすい皮膚面とアクセサリーは触れないようにすることも大切なのです。

 

まとめ

 

金属アレルギーは非常に厄介な疾患です。

 

寒い季節は汗を掻くことが少ないですから、金属アレルギーの症状も見えなくなってしまいますが、いったん汗を掻くと異常ともいえる痒みに襲われますし、赤いブツブツはジュクジュクに変わってきます。

 

痒みを堪え切れずに掻いた時はホツとしますが、その後は痛い!痒い!が大盛になりますから、金属アレルギーにならないようにするのが一番重要なのです。

腕時計でアレルギー症状が出る場合は、リストバンドの上から腕時計をすることも良いと思います。

 

 

 

 

顔のニキビが悪化した!カビが原因?

f:id:sukanena:20190701092041j:plain

 

日本の夏は気温が高く、湿度が高いことで有名なのはご存知のことと思います。

 

いわゆる高温、多湿とくればカビですから、除湿に注意を払わないと家中がカビだらけとなり、カビ臭さに包まれる状態になってしまいます。

 
このような夏の時期は暑さと汗と皮脂で、化粧崩れを起こすのが日常茶飯事になっているようです。

 
そして、一人こっそり鏡を覗いた時には、「福笑いゲーム」の崩れてしまった顔になっているかも知れませんね。

 


また、夏はニキビが悪化する時期でもありますから、手を抜かないように暑さ対策する必要があるでしょう。

 


しかし、思うように大人ニキビが改善しないとおっしゃる方も少なくありません。

 


暑い時期のニキビの対処法としては洗顔をし過ぎない!紫外線を浴びない!乾燥させない!などを実践すればニキビを悪化させないと言われております。

 

ところが、このような処置を十分しているにも関わらず、ニキビが一向に良くならない!という女性もいらっしゃいます。

 

そのような時には他の原因でニキビ?が起きている可能性があるようです。

 


ニキビと思っていたのが、実は「カビ」かも知れない!と言うのです。

 


先ほどお伝えしたように、カビは高温、多湿を好みますから、顔がニキビと同じような状況だったとしたら症状の悪化は避けられないでしょう。

 


まして、ニキビと対処法を同一にしていた場合には、炎症が改善しないのは当然のことなのです。

 
夏に肌の炎症が悪化した場合には、ニキビへの対処法が悪かったからと思うのは当たり前なのですが、改善が進まない時には他の原因と考えて対処した方が賢明と言えるでしょう。

 


夏に肌の炎症が改善しない場合はニキビではなく、顔カビを疑った方が良いでしょう。

 

 

顔にカビが生える?

顔カビによる炎症はマラセチア菌(真菌)が原因になります。

 
マラセチア菌は人間の皮膚に存在している菌なので、どなたにもいるのですが、肌のバランスが崩れた時には毛穴で増殖し、炎症を起こすことがあります。

 


マラセチア菌はカビの一種で、高温多湿が大好きですから真夏や梅雨時のジメジメしている時の汗を掻きやすい人に多く発症する傾向にあります。

 

 

マラセチア菌による病気

このようなマラセチア菌が原因となる病気は次のようなものです。

  

● 脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)

 脂漏性湿疹はマラセチア菌が原因となって頭や鼻の周辺、脇などに炎症が起きてきます。

 

ニキビはアクネ菌が原因となって炎症を起こしますから、脂漏性湿疹とは原因菌が違いますので、脂漏性湿疹をニキビと勘違いしても処置しても改善しないのは当然と言えば当然なのです。

 
マラセチア毛包炎(もうほうえん)

 顔以外の胸ニキビや背中ニキビなどはマラセチア菌による炎症になり、ニキビに似た赤いブツブツが出来ますが、アクネ菌による炎症ではないためニキビ薬では効果はありません。

 
マラセチア菌による病気は上記のようなものですが、対処法はどのようなものでしょう?

  

顔カビの対処法

ニキビの薬の効果が認められない場合は、マラセチア菌による顔カビを疑い、早期に皮膚科で診察を受けた方が良いでしょうが、普段の生活では次のような注意が必要になります。

 


洗顔をし過ぎない

 洗顔で皮脂を取り過ぎると肌の乾燥を招き、より皮脂が分泌する可能性があり、マラセチア菌の増殖が懸念される。

 
● 洗髪に注意する

 ・ 刺激の少ないシャンプーで、爪を立てないように洗う。

 
● 汗を掻いたら拭き取る

 ・ 汗を拭き取らずに放置するとマラセチア菌が増殖する可能性があるので、シャワーなどで全身の汗をきれいに洗い流すことが大切です。

 
● 部屋の湿度を下げる

 ・ 先ほどから何度も記しましたが、マラセチア菌は高温、多湿が好みですから、部屋の湿度を下げることで菌の繁殖を抑えることが出来ます。

 
● 食生活を見直す

 ・ バランスと取れた食事が重要です、とりわけビタミンB群の不足は皮脂の分解が滞ることが多くなりますので、皮脂の過剰分泌に繋がることもあります。またビタミンCも積極的に摂るようにします。

 

・ マラセチア菌を増殖させる脂っぽい食事を減らす。

 
● 紫外線を浴びない

 ・ 紫外線は肌のダメージを大きくしますから、強い紫外線は帽子や日傘などで防ぐようにします。

 

● 良く寝る

 ・ 睡眠不足は皮膚の再生活動を滞らせますから、睡眠は肌に取っても非常に重要です。

 

 

まとめ

 夏の暑くてジメジメしている時は、ニキビが悪化することが多いのですが、アクネ菌が関わっているとは限りません。

 

マラセチア菌という真菌が毛穴で増殖したことで、肌がニキビのようにブツブツが起きていることもあります。

 

マラセチア菌はカビの一種で、ニキビのアクネ菌とは別物になりますから、脂漏性湿疹をニキビと勘違いした場合にはニキビの薬で対処しても改善には至らないのが当然のことです。

 

ですから、夏の時期に肌の炎症が悪化した場合はニキビの悪化ではなく、マラセチア菌による炎症と捉えて皮膚科を受診するのが、確かな対処法と言えるのではないでしょうか。