冬に紫外線対策をすると肌トラブルは防げる!

 

f:id:sukanena:20171116141902j:plain

 

冬は厚い雲に覆われることが多く、日照時間も短くなっております。

 

それでも、紫外線は降り注いでいます。

 

その量は、「微々たるものでしょう!」と、簡単におっしゃる方もおります。

 

 

しかし、夏場の1/3程ですが、紫外線は私たちに届いているのです。

 

この1/3の量が多いか、少ないかは各人の紫外線で被ったトラブルによっても違って来るでしょう。

 

これまで、紫外線によって肌にシミができたりした方にとっては、これ以上シミを作りたくない!肌トラブルはたくさん!と、思う方がほとんどではないでしょうか?

 

 

そして、紫外線対策を急がれることと思います。

 

それでも、時々魔が射したり、ケアを忘れたり、面倒になって御座なりにしてしまった後には、トラブルが生じ・・・

 

「後悔にさいなまれる!」

 

・・・かも知れませんね。

 


山でスキーをしたことがない方、雪遊びをしたことがない方は、良く分からないと思いますが、平地の戻られて数日すると、真夏の日焼けと同じような状態が肌に表われてきます。

 

直射日光からは、紫外線を100%浴び、雪の照り返しからは80%の紫外線を肌に受ける訳ですから、いかに肌が紫外線の危険に晒されているかよく理解できるでしょう。

 

スキーでは頭には帽子、顔にはゴーグルを付けていますから、その時は気付かないと思いますが、やがて「パンダ顔」になっていた!

 

なんてことは、普通にあることなのです。

 

ですから、当然、山スキーなどの遊びをする時には、しっかり日焼け止めクリームを塗布しなければいけませんし、ケアも十分しなければ後悔をしてしまうのです。

 


この山スキーの例は極端ですが、実際普段の生活でも紫外線は十分浴びているのです。

 

そして、紫外線対策をしないでおくと、紫外線UVBは肌を赤くして日焼け状態を作り、紫外線UVAは「ジワリ、ジワリ」と、肌を老化に導いてしまうのです。

 

 

やがて肌に訪れる、シミ、シワ、ほうれい線に慌てふためいて、右往左往しようとも、「後の祭り」状態になってしまったら・・・

 

あなたは、どう「嘆きますか?」


かつては綺麗だった肌が、「ボロボロ」になってしまったら・・・

 

「泣いても・・・」
「悔やんでも・・・」

 

項垂れるだけになってしまうかも知れません。


ですから、やがて訪れる肌老化は致し方ないとしても、できるだけ食い止め、綺麗な肌を長く持続させましょう!

 


夜以外は一年中降り注ぐ紫外線!

 

夜以外は外出しないで紫外線を浴びない!という方法もありますが、あまりにも不健康で、精神衛生上不適切ですから、日中も紫外線対策を十分行って外出するようにしてください。

 

 

冬でも行う紫外線対策!

 

紫外線は、月の光や室内の蛍光灯からも超微量発していますが、ケアするに値しませんから心配はしないでください。

 

紫外線の種類

 

先ほどチョット触れましたが、紫外線にはUVAとUVB、UVCがありますが、肌に届くのが、UVAとUVBになります。

  

● 紫外線UVA(A波)


・女性が最も嫌う「光老化」と言われて紫外線で、ガラスも通す特徴があります。


・肌の奥までジワジワ届き、コラーゲンやエラスチン強い影響を与え、シミやシワの原因になる紫外線です。

 

 

● 紫外線UVB(B波)


・夏の日光浴などで、肌が赤く日焼けする原因がこの紫外線です。


・日焼けすると炎症をおこし、皮膚の表面に水疱が出来るのが一般的ですが、皮膚ガンの原因の一つにもなっています。

 

 

冬の紫外線対策

 

冬は夏場と違い、肌を露出する面積が狭いですが、顔はさほど隠されてはいませんから、日焼け止めクリーム(顔用)は丁寧に塗るようにしてください。

 

 

< 日焼け止め >


日焼け止めには、クリームタイプからスプレータイプまでいろいろありますから、お好みで選ばれると良いでしょう。

 

問題は、紫外線のタイプによって日焼け止めが違うということです。

 

日焼け止めにはSPFPAがあり、共に日焼けを防ぐ強さを表したものです。

 

PA
・紫外線UVAを抑える効果を表したものです。


・[+]の数によって効果の高さを表しますから、PA++++は「効果が極めて高い」になり、PA+++は「」効果が非常にある」、PA++は「効果がかなりある」PA+は「効果がある」になります。

 

SPF
・紫外線UVBを抑える効果を表したものです。


・普通、SPF20は20×20で400分間はUVBの日焼け止め効果があると記載されていますが、これは間違いです。

正しくは、SPF20は肌に何にも塗らない時より20倍多い紫外線量に耐えることを表し、SPF50は50倍多い紫外線量に耐えられると言うことなのです。

 

まとめ

冬はコートなどを着て外出することが多くなりますし、スキーなどに出掛けても日焼け防止は顔がメインになりますから、SPFPA共に数値の低いものでも紫外線を防げると考えます。

 

しかし、その時の状況にもよりますから、日差しが強そうな時には前もって強めの日焼け止めを準備するのも良いと思います。

 

後々の肌トラブルに悩むことがないように、冬でも紫外線対策を十分行うようにしてくださいね。

 

 

 

ダイエットで感染症【結核】を見逃した!

 
f:id:sukanena:20171109152147j:plain

 

 

秋は代謝が上がるシーズンです。

 

 これまでダイエットにチャレンジしても、失敗してしまった方にとっては大事な痩せシーズンと言えそうです。

 

痩せたい一心で無理なダイエット、過激なダイエットをなさる方もおりますが、体を壊してしまっては費やした時間、労力も全て無駄になってしまいます。

 

 そうならないためにも、体と相談しながら無理がないように行ってください。

 

ダイエットを実行する際は、体が不調の時には中止したりし、飽くまでも体調がベストの時に行うことが賢明と言えるでしょう。

 

体重が減ったり、が痩せて細くなるまでの期間は人それぞれでしょうが、急激な体重の減少が起きたり、一気に顔がこけたりした場合は、ダイエットが功を奏したのとは違うかも知れません。

 

はっきり言って、病気に罹って激痩せした可能性を否定できないということです。

 

 

急激に痩せた原因

 

急激に痩せてしまった場合は、ガンが疑われます。

 

ガン細胞が栄養を吸収し続けてしまうので激痩せが起きてしまいます。

 

 急激に痩せることが無いにしても、体重の落ち方がこれまでのダイエットと違っているような場合は、糖尿病やバセドウ病の影響が疑われますから十分注意する必要があるでしょう。

 

 

ダイエットで注意する病気

 

ダイエットを行っている時に注意する病気は、先に言った糖尿病やバセドウ病の外にもあります。

 

 それは結核です。

 

グローバル化に伴って増加している海外旅行ですが、旅行先から感染して持ち帰ってしまう可能性が高いのが、この結核なのです。

 

海外から日本を訪れる方、日本から海外へ出かける方も激増している現在、誰からも忘れ去られていたような結核が、1999年以降急増しているのです。もちろん現在もです。

  

最近マスコミを騒がせたデング熱は蚊を媒介とした感染症ですが、結核結核菌を持っている方の咳やくしゃみで感染します。

 

しかし、感染したからと言って直ぐ発病するとは限りません。

 

 結核菌に感染してから発病するまでも期間は不明ですが、ただ言えることは免疫力が衰えていたり、体力が低下している時に発病することが多くなると言われています。

  
つまり、女性が結核に感染した後、ダイエットをしていて体力が落ちた時に発病する可能性が高いと言うことです。

 
その結果が・・・

 ・ダイエットをして体重が落ちた!
・ダイエットで顔が痩せた!

  ・・・と、うれしく思うことが多くなるでしょう。

 

 しかし、ダイエットに成功しているのではなく、単に結核を発病しているに過ぎないということもあるのです。

 

 
そして、結核を発病している場合では、体に潜む結核菌を咳やくしゃみで撒き散らすことになり、新たに第三者を結核に感染させてしまうのです。

  
何度もお伝えしますが、結核菌が体に入ったとしても発病するか否かは未定で、早い時には感染後1年で発病しますが、数年先の場合、あるいはもっと先の数十年後に発病するかも知れないということです。

 

 

結核の症状

 

感染力の強い結核の症状は風邪と似ていますが、次のようなものです。

 

 < 初期の症状 >

・咳や痰が長く続く。
・微熱(37℃位)が続く。
・体重が減る。
・食欲が無くなる。
・寝汗を掻く。


< 悪化時の症状 >

・だるくなる。
・息切れがする。
・血痰が出る。
・血を吐く。
・呼吸困難になる。

 

 

日本旅行者、海外の旅行者

 

日本から海外へは毎年1,620万人ほどが出掛け、海外からは日本に1,900万人ほどが訪れています。

 

そして、日本の旅行者は、海外から結核のみならず他の感染症も持ち込んでいるかも知れませんし、外国の旅行者から持ち込まれるかも知れません。

 


結核が多く発生している国は、南アフリカをはじめインド、中国、パキスタン、さらに日本人に人気の高い東南アジアのインドネシアなどもあります。

 

 ダイエットをしていない方の場合は、急に体重が落ちたり、痩せたりした時に病気を疑うことはできます。

 

しかし、ダイエットをしている方の場合は、病気で痩せているとは本人も周りの方も全く思わないのです。

 

 このことで結核を蔓延させてしまう可能性があり、恐れがあると言わざるを得ないのです。

 

 また、HIV患者は結核に感染しやすく、重症化した場合は死に至るケースも多くなっているということです。

 

 
女性なら、誰でも綺麗な体型を望まれると思いますが、ダイエットを行うことで、結核などの感染症を見逃してしまうこともあります。

 

ダイエットを行う場合は体調管理に十分気を使い、少しでも異常を感じた時には勇気を出して中止するようにしてください。

 

 

 

f:id:sukanena:20171102132033j:plain

 

 ムダ毛の生えていない方は皆無と思います。

 

足のスネ毛から脇、腕、ヒゲ、アンダーヘアと至る所にムダ毛は生えています。

 

そして、暖かい季節には衣類から見える部分のムダ毛処理に躍起になってしまいます。

 

ところが寒い季節になると、これまで見え隠れしていたムダ毛も冬眠状態に入り、厚い洋服やコートの下に隠れてしまいます。

 

これで、春までムダ毛の処理に費やした時間も労力も無くなり、自分の時間が増えることからホッとする方も多いのではないでしょうか?

 

鼻の下の産毛にしても、風邪やインフルエンザが流行る時期にはマスクをしっかりすれば見えなくなりますし、逆光にさえならなければ、きらめく産毛を知られることもなくなります。またお化粧も軽くなり、スッピンに近い状態に過ごすことができれば、この上ない喜びではないでしょうか?

 


だがしかし、産毛をあなどってはいけません。

 

放置した産毛も成長しますから、何気なくマスクを外した時、日光が射した時などには、「ドヒャー」と驚くかも知れません。

 

驚くのが自分一人ならまだしも、会社の男性にでも見られた時には奈落へ落ちる感じがするかも知れませんね。

 

「後悔先に立たず」のことわざもありますから、時間を見つけては産毛の処理をした方が良いと思います。

 

もちろん、産毛を処理すると化粧の乗りが良くなるという嬉しいメリットが付いてくるのは言うまでもありません。

 

 

産毛の処理

 

産毛の処理は、一般的なムダ毛の処理方法でもいいですが、産毛は柔らかいということを頭に入れてから処理方法を選ぶと良いでしょう。

 

ムダ毛の処理と言えばカミソリが一番ポピュラーですが、家庭用脱毛器も使われ始めています。その他には電気シェーバー、毛抜き、除毛クリーム、ワックスなどでも処理が行われています。

 

さて、産毛に最適な処理方法は、どのようなものでしょう?

 

 

産毛の処理方法

 

産毛の処理では、何に重点を置くかで方法が変わって来るでしょう。

 


< 肌への負担が大きい処理方法 >

 

● カミソリ


への負担が大きい方法としては、一気にムダ毛処理ができるカミソリになるでしょう。

 

毛の流れに沿って剃ったとしても、皮膚の表面を削り取りますから肌への負担は相当酷いもので、逆剃りはさらに負担が掛かりますから、柔らかい産毛を処理するには切れ味の鋭いカミソリを使うようにします。

 

 

● ワックス・テープ


・ムダ毛が生えている部分にワックスやテープを貼り、一気に引きはがして処理する方法ですが、痛いです!

 

海外セレブの脱毛として良く知られたブラジリアンワックスですが、皮膚の表面を傷付けることもあるので、注意する必要がありますが、産毛に使用できます。

 

 

● 除毛クリーム


・除毛クリームはムダ毛を薬品で溶かして処理する方法ですから、当然肌への負担が掛かります。

 

しかし、広い面積のムダ毛を処理することができるというメリットもあり、産毛にも効果があります。

 

 

● 毛抜き


・毛抜きで産毛の処理はできますが、細くて目立たない毛がたくさん生えていますから、抜くのに時間が掛かりますし、毛穴を傷つけることが多く、シミができる可能性の高い処理方法と言えるでしょう。

 

一般的に、毛抜きで産毛を処理する方は少ないようですが、処理する場合は黄色ブドウ球菌による毛嚢炎に注意してください。

 


< 肌への負担が小さい処理方法 >

 

● 家庭用脱毛器


・家庭用脱毛器で産毛を処理できない訳ではありませんが、効果は余りないと思った方が良いでしょう。

 

脱毛器が照射する光はメラニン色素に反応しますから、色素の薄い産毛に使っても効果はあまり現れませんから、お金の無駄、時間の無駄と言って良いでしょう。

 

 

● 電気シェーバー


・肌を傷つけることは殆どありませんが、それだけ処理が緩い、浅剃りと言えそうですから、処理後の毛が目立ったり、剃り跡が気に掛かることもあるようです。

 

それだけ処理頻度が高くなるとも言えますが、産毛にも使えます。

 


< 産毛処理後は保湿! >

 

何れの方法で処理をしても、肌のバリア機能が低下します。そして将来的にシワやシミが起きやすくなり、肌の老化を早めることに繋がりますから、処理が終った後には必ず保湿をするようにしてください。

 


以上のように、産毛の処理には様々な方法があり、処理後の保湿は肌トラブルを防ぐことになります。金銭面や肌への負担等を十分考慮し、ご自分に合った最適な方法で処理してください。