冬に命を落とす原因はヒートショック?!

f:id:sukanena:20181228125853j:plain

 

冬の病気で心配なのが感染症ではないでしょうか?

 

寒さで風邪を引いてしまうのは元より、インフルエンザに罹らないように注意をなさる方も非常に多くなっているようです。

 

インフルエンザの予防接種を終えた方はホッとしていると思いますが、まだ受けていない方は外出時などはマスクなどをして、感染を防ぐ自衛策をとられているようです。

 

また普段から体力を付けていたり、充分な栄養を摂ることでも、少なからず感染予防の足しにはなるのではないかと思います。

 

感染予防に一生懸命対策を施す方は多いですが、それでも感染する時には感染しますから、そんな時には病院の門をくぐることになり、医師の適切な処置を受けることになるでしょう。

 


しかし、子供がインフルエンザに罹った時などでは、処方されたタミフルなどの副作用によって脳症が起きたり、異常行動が現れたりして命を落とされることもありますから、十分注意を要して薬を服用することになるでしょう。

 


このように冬の感染症に罹った場合は少なからず対処法と言うものはありますが、入浴時のヒートショックは突然襲ってくるものですから、一瞬にして命を失うことにもなり兼ねません。

 

ですから、寒さの厳しい日の入浴は十分なヒートショック対策を取る必要があると言うことになるのです。

 


特に高齢者は家族の意見を取り入れながら必要な対策を十分取り、ヒートショックに見舞われないよう、確かな対策を施すことが求められるのは言うまでもありません。

 

それでは、冬の時期に多発するヒートショックとは、一体どのようなものなのでしょう?

 

どのような状態で発生するのか?起こった時にはどのような状況になるのか?を述べたいと思います。

 

ヒートショックとは

ヒートショックとは「急激な温度変化により、血圧の急激な上下変動、脈拍の変動が起こることで体に生じる影響」と言うことになります。

 

ですから、次のようなことでヒートショックが起きる可能性が高くなると言えるでしょう。

 

● 入浴時

・ リビングなどの暖かい部屋から、寒い脱衣室で衣類を脱ぎ、裸になることで血圧は一気に上昇します。


● 入浴中

・ 入浴時の着替えで高くなった血圧は急激に下がります。


● 入浴後

・ 今度は温まった体を寒い脱衣室で着替え終えるまでに、血圧は一気に上昇します。

 


このようにリビングからお風呂に向かい、帰ってくるまで血圧の大きな変動が3回ほどあります。

 

さらに寒いトイレに駆け込んだ時などでも、血圧の急な上昇が見られます。

 


このような大きな血圧ny尾お変動により、体へのリスクが上昇し、次のような病気が突発的に起こることになります。

 


入浴時のヒートショックは、次のような病気が一瞬にして起きることになりますので、命を失う危険が非常に高いと言うことになります。

 

 

入浴で生じる病気

脳卒中

心筋梗塞

心不全

 

このような病気は高齢者に起こりやすいのですが、高血圧の方や動脈硬化の方もヒートショックが起きやすいと言えるでしょう。

 


入浴前後の血圧の大きな変動は、単に病気の発症に終わらず、命を落とす恐れも隠れていますから、リビングと脱衣室の温度差をできる限り小さくすることが求められると言うことになります。

 

 

日本人に多いヒートショック!?

日本では、ヒートショックなどで亡くなられる方が年間1万9千人にも及びます。

 

しかしヨーロッパの国々では、セントラルヒーティングが多いため、全室が暖かい状況に置かれいることもありますので、ヒートショックで亡くなられる方は非常に少ないと言うことになります。

 

 

ヒートショックの対策

上記のように,ヨーロッパではセントラルヒーティングが多くなっていることがヒートショックを減少させているようですから、日本も全室が暖かい状況を作ることができれば、自ずとヒートショックで亡くなられる方は減少すると言えます。

 


・・・ということから、ヒートショック対策としては次のような住居対策が今後求められると言うことになるでしょう。

 


● 断熱材を多く用いた気密性の高い住居

・ 家の気密性を高めることで、浴室、脱衣室、トイレを含めた全室の温度が均一になり、温度差による血圧の激変が減少し、ヒートショックもかなり少なくなると言うことになります。


● 浴室、脱衣室、トイレの均一温度

・ 浴室、脱衣室、トイレに暖房器具を設置することができれば、リビングとの温度差を小さくすることも可能となりますから、ヒートショックは少なくなると考えられます。


● 外気温が高い内に入浴

・ 外気温が高いうちに入浴を済ませることで、家全体の温度変化も大きく影響されず、ヒートショックが起き難くなると考えられます。


● 入浴前のお湯張り

・ 入浴前に浴室全体にシャワーを掛けることができれば、浴室内の温度を上げることができ、寒さに晒される時間も短くなりますから、ヒートショックは少なくなると考えられます。

 

まとめ

寒い時期の入浴は体のみならず、心も癒してくれます。

 

しかし、リビングと脱衣室の温度差が高いほどヒートショックの起こるリスクも高くなりますから、高齢者は元より、脳疾患、心疾患を抱えておられる方の入浴には十分な注意を払う必要があるのです。

 

 

 

 

 

咳に隠されていた病気!

f:id:sukanena:20181112171240j:plain
 

日中はお日様が顔を覗かせれば、暖かく気持ちの良い日もありますが、朝晩は寒くなることが多いですから、体調を崩される方も少なからずいらっしゃいます。

 

こういった晩秋から初冬の時期には、変動する気温などによって風邪を引いてしまい、咳き込まれる方も増えているようです。

 

体調管理を厳しく行っていても、風邪を引く時は引いてしまいます。

 


これからの寒く、乾燥した季節に最も注意しなければいけないのが、ウイルスによる風邪やインフルエンザの感染ではないでしょうか。

 

風邪やインフルエンザでは咳が起こりますが、咳にも種類がありますので、咳の状態から風邪によるものか?インフルエンザによるものか?はたまた喘息なのか?他の病気から生じた咳なのかの判断をすることもできるようです。

 

 

それでは、咳が起こる病気にはどのようなものがあるのでしょう?

 

風邪やインフルエンザ、喘息も含めて詳しく見て行きたいと思います。

 

 

咳とは?

 

咳は気道に入り込んだ異物を排出ため、急に強く出る息のことです。

 

つまり、体の防御反応の一つと言うことになります。

 

体に入り込む異物にはホコリや煙、細菌、ウイルスなどがありますが、呼吸器を守るために咳は出て、このようなものを排除しようとするのです。

 

それでは、咳のする病気にはどのようなものがあるか?見て行きたいと思います。

 

:咳は医学用語では咳嗽(がいそう)と呼ばれます。

 

咳のする病気

 

先ほどもちょっと触れましたが、咳は呼吸器を守る防御反応ですから、呼吸器系の病気が咳の出る主な原因と言って良いでしょう。

 


咳のする病気としては、風邪、咳喘息、間質性肺炎、肺ガン、百日咳、肺炎、アトピー咳嗽(がいそう)、インフルエンザ、慢性気管支炎、気管支喘息COPD慢性閉塞性肺疾患)、副鼻腔炎気管支症候群などがあります。

 

このような病気で咳は出るのですが、どのような特徴を持っている咳なのかで、ある程度は病気を推定することも可能になるようです。

 

まず、咳が乾いている咳なのか、湿っている咳なのかで判断することも出来るようです。

 

 

咳から分かる病気

 

それでは乾いた咳をする病気、湿った咳をする病気にはどのようなものがあるかを見てみましょう

 


< 乾いた咳 >

 乾いた咳は痰が出ないことが多く、次のような病気が主なものです。

 

・ 風邪
・ 咳喘息
間質性肺炎
・ 肺ガン
・ 百日咳
・ 肺炎
アトピー咳嗽(がいそう)

 


< 湿った咳 >

湿った咳は痰が出ることが多く、次のような病気が主なものです。

 

・ インフルエンザ
・ 慢性気管支炎
COPD慢性閉塞性肺疾患
気管支喘息
副鼻腔炎気管支症候群
結核

 

このように咳には乾いた感じのする病気や湿った感じのする病気に分けられますので、それぞれ咳のする病気の特徴を見ていきたいと思います。

 

 

咳のする主な病気と特徴

 

< 風邪 >

 ・ 乾いたコンコンといった咳が出る
・ くしゃみをする
・ 喉が痛む
・ 鼻水、鼻づまりが起こる
・ 軽い熱が出る
・ 3週間を超えて咳が続く場合は他の病気を疑う

 


< インフルエンザ >

 ・ 咳と痰が出る
・ 喉が痛む
・ 鼻水、鼻づまりが起こる
・ 関節が痛む
・ 筋肉が痛む
・ 頭痛がする
・ 食欲がなくなる
・ いきなり38℃以上の高熱が出る
・ 肺炎などの合併症を起こしやすい

 


< 咳喘息 >

・ 風邪の後に咳だけが残る
・ 痰を伴わない乾いた咳が続く
・ ヒュー ヒューと言った喘鳴は伴わない
・ 夜間や早朝に咳が出る

 


< 気管支炎 >

・ 初期は乾いた咳が出る
・ 後、痰の絡んだ湿った咳が出る
・ 発熱、鼻水、喉の痛みを伴う

 


気管支喘息

 

・ 痰を伴った湿った咳が出る
・ 夜間や早朝に咳が出る
・ ヒュー ヒューと言った喘鳴がする

 


< 百日咳 >

 ・ コンコンと乾いた咳が出る
・ 鼻水、くしゃみが出る
・ カタル期は風邪のような症状が1~2週間続く
・ 痙咳期は痙攣性の咳が2~3週間続く続く
・ 症状は2~3カ月で治まり回復に至る

 


結核

 ・ 咳や痰が続く
・ 微熱が続く
・ 風邪のような症状が2週間以上続く
・ 全身に倦怠感が現れる
・ 血痰が出る
・ 食欲不振に陥る
・ 体重が減少する
・ 高齢者に増加している

 


< 肺ガン >

 ・ 乾いた咳が出る
・ 呼吸が苦しい
・ 息切れが起きる
・ 体重が減少する
・ 痰が絡む
・ 血痰が出る
・ 胸が痛む
・ 熱が出る
・ 食欲不振に陥る

 
このように咳の出る病気はいろいろあります。また現れる症状も多岐に渡っております。

 

そして、咳が長く続いているか否かによっても、どのような病気によって咳が出ているか、ある程度の推測は可能のようです。

 
咳が長く続く病気には次のようなものがあります。

  

咳が長く続く病気

 

気管支喘息
・ 咳喘息
COPD慢性閉塞性肺疾患
・ 肺炎
結核
・ 肺ガン

 

咳が治まらず、長引いている場合は上記のような病気が疑われますから、早急に医療機関を訪ねるようにすべきでしょう。

 

 

まとめ

1年中、誰かしらは咳をしているもので、風邪などの比較的治りの早い病気があれば、重篤な命に関わる病気も少なからずあります。

 

ですから、咳と共に現れる症状には十分注意をし、気に掛かる症状が見られた場合には早めに医療機関を受診するようにしてください。

 

 

 
 

自然の摂理に逆らって痩せる?!

f:id:sukanena:20181004141956j:plain

 

秋はダイエットに最適な季節と言われております。

 

しかし、現実は夏のうだるような暑さで失くした食欲が回復する!

 

 

体調が正常に戻って食欲が出る!

 

それじゃー、秋は痩せるんじゃなく、太るんじゃない!

 

・・・と、思う方が殆どでしょう。

 

 

確かにその通りなのです。

 


それでは身近の動物を見てみましょう。

 

犬や猫は家庭で飼われているのが殆どですから、外を歩いているのは、犬なら野良犬、猫なら放し飼いと言うことになるかも知れません。

 

自然の状態で生きている動物で、目に触れるものとしてはカラスや雀、その他の野鳥などになるでしょう。

 

 

さて、秋に入ると動物は、せっせと冬の準備に取り掛からなければなりません。

 

山に住む熊なら冬眠のために食い溜めをしなければいけません。

 

可愛い雀も秋の実りを堪能しながらも、冬の食料不足を本能として理解しているようで、普段よりも食い漁っておりますから、秋が深まるにつれて丸々と太った雀を目にすることになるでしょう。

 

 

野生の動物は食料を探すこと、そして食べることが仕事ですから、食料から摂れるエネルギー(摂取エネルギー)と食料を探すことで消費されるエネルギー(消費エネルギー)のバランスが取れていることになります。

 


ですが、秋になるとバランスを崩して冬に備えなければなりません。

 

そして食い漁って、人間で言うところの肥満状態が作られることになります。

 

 

熊もそうですね。ですから、冬を前にした野生の動物は肥えているのです。

 

この時期に狩猟の対象になった動物は獲られて食料になり、食べた時には「肉に脂が乗って美味しい!」と言うことになるのです。

 


私たち人間の多くは、食料を探しに野山に行くことは殆ど無くなりましたが、その代わりに仕事をして給料を貰い、そのお金を使って食料を購入し、食べては日々を過ごしております。

 


雀は朝から日が暮れるまで、食料を求めて飛び回り、動き回ります。

 

あれだけ動き回り、食い漁っても摂取エネルギーと消費エネルギーが一致しているのですから、普段は肥えることも無い、いつも通りの姿で飛び回っているのです。

 

 

しかし、人間は摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスを崩すことが多いようです。

 

つまり摂取エネルギーに見合うだけ、エネルギーを消費していないことが多いと言うことになります。

 

これが体型の悪さ、肥満に通じているのです。

 


人間を含めた動物は、冬を前にして太らなければ生きては行けない!・・・「自然の摂理」を知っているようです。

 

ですから、冬を始め、食料を手に入れることが厳しい季節を前にすると、自ずと肥えるなどの、乗り切る術が備わっていると考えられます。

 

 

自然の摂理に逆らう?

何度も記しますが、食料の入手が厳しい季節を前にすると、肥える本能が目覚めることになります。

 

ですから、秋は「実りの秋」として、私たちに過剰に栄養を摂取するように促しているのです。

 

 

しかし、厳しい季節を乗り切ることが簡単になってしまった現代では、「見た目」が重要視され始めました。

 


日本なら「秋は太れ!」が、いつしか「秋は痩せる!」に置き換えられ、女性を始め、消費エネルギーに余裕のあり過ぎる方々は、日夜エネルギーの使い道に苦慮する日が続いているのです。

 


ですから、「秋は太れ!」を「秋は痩せる!」に置き換えられてしまった今、そう簡単に「自然の摂理」に逆らって痩せることは非常に困難な訳です。

 

 

如何に痩せるか?

先ほどは、「消費エネルギーに余裕のあり過ぎる」と記しましたが、過剰な摂取エネルギーも「自然の摂理」に逆らう足かせになってしまいます。

 

ですから痩せるには、早期に[「摂取エネルギー」=「消費エネルギー」]にすることから始めます。

 

 

一気に「摂取エネルギー」<「消費エネルギー」に持っていくと、失敗することになりますから、先ず「摂取エネルギー」=「消費エネルギー」に力を注ぎます。

 


そして、体が常に「摂取エネルギー」=「消費エネルギー」のバランスが取れた状態から、徐々に「消費エネルギー」が「摂取エネルギー」を上回るようにすることです。

 


つまり・・・

「摂取エネルギー」=「消費エネルギー」の状態を続けてから

 

「摂取エネルギー」<「消費エネルギー」の状態を持ち続ける

・・・ことで、「自然の摂理」に逆らって痩せることができるのです。

 

 

痩せる方法?

痩せる方法はいくらでもありますから、自分が続けられる方法で行うことが重要です。

 

誰だれが○○の方法で痩せたとか、現在流行しているダイエット方法が効果がある、・・・を真似て実行しても良いですが、要は「摂取エネルギー」=「消費エネルギー」の状態にもって行くことから始めなければいけません。

 

 

そのためには有酸素運動もあるでしょうし、ヨガでもピラティスでも良いですし、エクササイズももちろん良いです。


人それぞれ体を動かす方法はいろいろありますが、好き嫌いもあります。

 

ですが、兎にも角にも続けられないと「自然の摂理」に逆らって痩せることはできないのです。

 

 

・・・と言うことで、起床時に体重測定を毎日行い、体重の変化を読み取ることで摂取エネルギーと消費エネルギーのバランスを知ることができます。

 

 

つまり、体重の変化の少ない状態を続けることで、「摂取エネルギー」=「消費エネルギー」が定着します。

 

それからは毎日ウォーキングなどを20~30分続けて行くことで、体重は減少して行くことになると考えます。

 

 

過激な運動は痩せることには結び付き難いですから、20~30分の運動を継続していくことが、痩せることには重要と言えるでしょう。

 

「急いては事を仕損じる」です。

 

なお、こちらに消費カロリー早見表がありますから、参考にしてください。

 

1分当たりの消費カロリー早見表