黄くすみの原因は黄疸?糖化?カルボニル化?

f:id:sukanena:20170921162238j:plain

 

お肌にトラブルを抱えることが少ない若い女性でも、年を重ねるに従ってお肌は老化の道を歩み始めます。

 

そして、お肌には血行不良が始まり、メラニンは沈着し、乾燥し、ターンオーバーは乱れっぱなしになり、毛穴は詰まりが起きてしまい、くすみは当然のようにお肌に出現してきます。

 


何気なく鏡を覗いた時に、ご自分のお顔が黄色っぽく感じることはありませんか?

 

そんな時には、着ている服の色がお顔に反射して黄色っぽく見えることもありますが、周囲から黄色系統の服を取り去っても、鏡の中には黄色っぽい顔がある場合は二つの原因が考えられます。

 

 

皮膚が黄色っぽくなる原因

 

皮膚が黄色っぽくなる原因の一つは黄疸(おうだん)で、もう一つは黄くすみになるでしょう。

 

この中で一番注意しなければいけないのが、肝臓疾患から来る黄疸になります。

 

黄疸は、胆汁色素が血液中に増加することで皮膚や粘膜が黄色くなりますから、黄疸が生じる原因となる病気を早期に治療する必要があります。

 

 

黄疸が生じる病気

 

一般的には、黄疸は肝臓に疾患がある場合の症状として現れ、肝細胞性黄疸(かんさいぼうせいおうだん)、閉塞性黄疸(へいそくせいおうだん)、溶血性貧血(ようけつせいひんけつ)などは治療の必要な黄疸の種類になります。

 

また、治療の必要がない、遺伝性の体質性黄疸もあります

 

 

肝細胞性黄疸

 

肝炎や肝硬変などの病気を患うことで発症する黄疸で、皮膚が黄色になったり、目の白目部分も黄色くなることが多く、重症の場合は尿まで濃い黄色の茶褐色になる。

 

 

閉塞性黄疸

 

胆管が腫瘍や総胆管結石などで閉塞することにより、胆汁が血液中を逆流することで発症する黄疸で、良性原因としては胆嚢炎や胆石症、胆管炎があり、悪性原因としては悪性リンパ腫や胆嚢がん、胆管がんなどが挙げられます。

 

 

溶血性貧血

 

一般的な貧血の症状の動悸や息切れ、めまい、頭痛、倦怠感などに更に黄疸が現れるのが溶血性貧血になります。


黄疸が現れた場合は、早期に医療機関で診察を受けてください。

 


次は、皮膚が黄色くなるもう一つ原因、黄くすみについてです。

 

黄くすみ

 

黄くすみも黄疸に似て皮膚が黄色くなりますが、こちらは病気とは違います。

 

 

黄くすみの原因

 

黄くすみと言う肌トラブルは糖化やカルボニル化、紫外線によるダメージ、血行不良も原因となって、お肌を黄色くしてしまいます。

 

 

お肌の糖化とカルボニル化について

 

お肌の糖化の原因

 

肌を糖化させる原因は、食事などで取り込んだ糖がエネルギーとして代謝されなかったことによるもので、代謝されなかった糖は体内のタンパク質と結び付き、糖化生成物が生成されて体内に蓄積されて行きます。

 

この糖化生成物(AGEs)が褐色をしていることから、体内に蓄積されてしまった方のお肌は黄くすみ肌になってしまいます。

 

このようなことから、過剰な糖分の摂取は黄くすみ肌を作り、お肌を老化させていることになりますから、甘いスイーツなどの食べ物や炭水化物、ジュースなどは程々に摂ることが肌老化を防ぐには大切です。

 

 

お肌のカルボニル化

 

お肌の黄くすみは、糖化の他にカルボニル化による場合もあります。

カルボニル化とは、酸化した脂質の分解物がタンパク質と結合し、ALE(終末脂質過酸化産物)と言う物質を作ることです。

 

カルボニル化したお肌は、糖化したお肌よりも濃い黄色をしていますから、老化を早める深刻度は高いと言わざるを得ません。

 


● カルボニル化対策

 

カルボニル化の研究は途中のようですが、カルボニル化を増長させる可能性のあるのが紫外線ですから、外出時の紫外線対策は十分すべきでしょう。

 

また、カルボニル化を促進させないためには、オメガ3脂肪酸から油分を摂ることが望ましいと言えそうです。

 

オメガ3脂肪酸:α-リノレン酸が代表的な脂肪酸であり、体内に入ってEPADHAになる。EPAは青魚に含まれ、DHA亜麻仁油やえごま油などに多く含まれる。


黄くすみした肌、つまり変性して黄色くなったタンパク質は元に戻らないと考えると、糖化もカルボニル化も予防が大切と言うことになります。

 

・糖分を摂り過ぎない!
・紫外線を浴びない!

 

・・・が、黄くすみにも有効な予防策です。

 

カルボニル化については、オリーブ葉のエキスが有効との情報はあります。

 

 

 

肌老化の原因は紫外線による光老化!

f:id:sukanena:20170914132832j:plain

 

年齢を重ねるごとに増えてくるのがシワやシミですから、女性の多くは、「肌の老化は加齢によるもの!」と思っているようです。

 

しかし、女性が最も老けると言われているのが、夏の紫外線の影響を受けたことによるものです。

つまり、加齢よりも紫外線による影響下で肌老化を早めているのです。


紫外線による肌老化を「光老化」と言いますが、老化の原因を加齢による「自然老化」と比較して見みると、影響を及ぼしている程度が良く分かると思います。

 

自然老化:光老化=2:8

 

このように、「光老化」は加齢による「自然老化」の4倍も老化の原因になっている、老化を早めていると言って良いでしょう。

 
ですから、肌老化を防ぐポイントは、如何に紫外線を肌から遮断するかに掛かってくるようです。

 

 

光老化させる紫外線

 

紫外線には「A波(UVA)」、「B波(UVB)」、「C波(UVC)」がありますが、地球に届くのが「A波(UVA)」、「B波(UVB)」です。

そして、光老化を引き起こす原因の紫外線は、主にA波(UVA)になります。

 

このA波は波長が長いため、肌の奥にまで届いてコラーゲンやエラスチンの変性を招いてしまい、結果シワやたるみの原因になってしまいます。

 

 さらに肌内部に作られた大量のメラニン色素をターンオーバーで排出できず、色素沈着が起きることでシミができてしまいます。

 


このように、紫外線によって様々なトラブルが肌に現れてしまい、肌老化は益々加速して行きます。

 

 

光老化の予防

 

夏に紫外線の影響を受けた肌が光老化として肌に現れ始めるのは、夏真っ只中ではなく秋になってからです。

  

湿度の高い夏、汗を掻く夏は肌が潤っていると思いがちですが、エアコンによる冷房や乾燥により、肌の内部はインナードライ状態になっています。

  

ですから、インナードライに気付かずにいる方はケア不足になってしまい、肌のダメージを回復させないまま秋を迎えることになり、トラブルが続出してしまうことも良くあります。

 
自然老化を止めるのは困難ですが、紫外線を浴びないようにすることは比較的に簡単ですから、次のことに注意して頂ければ、光老化を遅らせることも可能になるでしょう。

 


● 日焼け止めを塗って出かける!


・紫外線を防ぐには日焼け止めが必要になってきますが、普段の生活では肌への負担が少ないPA++やSPF20位を使うと良いでしょう。

 

 

● 日傘や帽子を用いて直射日光を避ける!


・強い日差しの場合はカーディガンやストールを用いるようにしましょう。

 

 

● 紫外線の強い時間帯(AM10:00~PM2:00)は外出をしない!


・日差しの強い時間帯をずらして外出することは、紫外線を浴びる頻度が大幅に減少します。

 

 

● 保湿は十分行う!


・紫外線は肌を乾燥させます。またケア不足は肌トラブルを続出させる原因になりますから、保湿は十分行うようにしてください。

 


紫外線は肌にダメージを与え続け、光老化を増長させてしまいますから、綺麗な肌を持ち続けたい方は日頃から紫外線対策を十分行うようにしなければいけないでしょう。

 

 

 

 

 

 

秋の肌トラブルの改善はターンオーバーが決め手!

f:id:sukanena:20170907144532j:plain

 

秋になると目立ってくるのが肌トラブルです。

夏の解放感は独特のものですから、あまり先のことを考えずに行動する方も多いようです。

 


強い日差しに当たれば、強い紫外線も当たることは十分理解しているにも関わらず、綺麗な肌を無防備に太陽に晒す方もおられます。

 

そして、その結果秋になってとんでもない状況、悲惨な肌状況になってしまったと嘆かれる方も沢山いらっしゃいます。

 

「身から出た錆」

・・・ですから,しょうがありません。

 

 

だからと言って、このまま見過ごしてしまったら、更なる無精を晒してしまうことになりますから、さっさと肌のお手入れをするのが得策と言えるでしょう。

 

 

悲惨な肌状況?

 

あなたの肌はどのようなものでしょう?

ほとんどの肌が悲惨な目に合う原因は、先ほども言った紫外線です。

 

夏に紫外線を沢山浴びた方が、今現在肌にトラブルらしき異常が現れていないから「良かった!」と喜んでおられる方も、十分注意をしながらこれからの肌を見守っていかなければいけません。


そもそも紫外線を全身に受け、小麦色の肌が持てはやされた時代は遠い昔です。

 

焼けた肌、小麦色の肌を自慢した方の現在を想像したら、それはもう「ひどーい!」肌になっているだろうと容易に想像できます。

 

実際見てみないと分かりませんが、無防備に日焼けした肌を放置しないで早急にお手入れをすれば、まだ少しは見られる肌になるかもしれません。

 

 

秋肌の手入れ

 

ほとんどの肌は、夏に珠のような汗を流していたでしょう。

 

ですから、「肌は十分潤っていた!」と思われるでしょうが、残念ながらインナードライ状態でした。

そして、今も変わりないようでしたら、早急にすべきことは「保湿」なのです。

 

赤ちゃん肌に戻すなんて「無理!」ですが、保湿を繰り返すことで夏前の肌、つまり見られる肌に戻る可能性は十分あります。

 

もちろん、お手入れをしない方と比較すれば、やがて「雲泥の差」となって現れることは必至です。

 

 

肌の回復はターンオーバーが決め手!

 

夏の痛んだ肌を回復するためには、ターンオーバーを正常に戻すことが極めて大切です。

 

ターンオーバーは一般的に28日周期ですが、夏の紫外線で痛んでいる場合などでは、もう少し周期は早まることが考えられます。

 

 

とにもかくにも、ターンオーバーを正常に戻すことが急がれますが、ターンオーバーは周期が早すぎてもダメですし、もちろん遅すぎてもダメなのです。

 

 

ターンオーバーのトラブル

 

ターンオーバーが早すぎる場合のトラブル


ターンオーバーが早すぎると肌の再生が早くなると考えがちですが、逆にトラブルが起きやすい肌になる傾向があります。

 

ターンオーバーは28日を基準とすると、年齢を重ねるに従い、周期は長くなって行き、30代で40日程、40代で55日程に遅くなって行きます。

 

 

だったら周期が早くなることは肌が若返ると考えがちですが、これは間違いです。

 

ターンオーバーが早すぎると未熟な細胞が次々と肌表面に現れ、肌そのものが敏感になってしまいますから、肌のバリア機能は低下し、乾燥肌や敏感肌、肌荒れなどのトラブルが生じやすくなってしまいます。

 

 

<ターンオーバーが早い原因>

 

洗顔のし過ぎ

● ピーリングのし過ぎ

● スキンケア時の顔の擦り過ぎ

● 紫外線の影響

● 生活習慣の影響

 

 

ターンオーバーが遅すぎる場合のトラブル

 

ターンオーバーが遅すぎる原因に加齢があります。

 

年齢を重ねるに従って細胞の働きが鈍くなり、ターンオーバーが遅くなってしまいます。

 

本来、自然に剥がれ落ちる垢などの老廃物が剥がれず、そのまま肌に付着してしまって角質層は厚くなり、毛穴は塞がれてしまいます。

 

古い角質は排出されないことから肌はくすみ、シワやシミが目立ち始め、たるみや肌の硬化も見られ、乾燥しやすい肌になってしまいます。

 


<ターンオーバーが遅い原因>

 

● 加齢
年齢を重ねることで細胞をつくる力が衰えてしまい、ターンオーバーは遅くなってしまいます。

 

● 古い細胞の付着
新しさ細胞と古い細胞の入れ替え不良により、ターンオーバーは遅くなってしまいます。

 

 

ターンオーバーを正常に戻す方法!

 

ターンオーバーが乱れる原因に生活習慣がありますから、人間の体にとって悪い生活習慣を排除することで、本来備わっているターンオーバーが復活、正常化すると考えて良いでしょう。

 


<生活習慣を見直す>

 

● 質の良い睡眠を取る
ターンオーバーが活発になるのが午後10時から午前2時ですから、この時間帯は眠りに着いていることが、乱れてしまったターンオーバーを正常にしてくれます。

 

● 偏った食生活をしない


肌を再生してくれるターンオーバーに栄養は欠かせませんし重要ですから、肉類や魚類などの動物性タンパク質を、大豆製品などからは植物性タンパク質を摂るようにすると良いでしょう。


● ストレスを溜めない


ストレスの蓄積は血管を収縮させてしまい、血行を悪くしてしまいますから、普段の生活ではストレスフリーの生活を心掛けることもターンオーバーを正常に戻すには大切なことです。

 

更に、アルコールやタバコもターンオーバーを阻害する要因になりますから、肌が弱っていると感じている方は控えることも必要なのは言うまでもありません。