読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容の突然のピンチであなたを救うある方法!

あなたの間違った美容法で起きてしまった突然の美容ピンチに、一般家庭のどこにでもある用品で、あなたを救うことができるかも知れません。


アイシャドウやマスカラの失敗
アイライナーを使いこなし、更なる目力アップを目指したい方は多いようです。

しかしながら、アイシャドウやマスカラなどの目力アップアイテムの中でも、アイラインの引き方が苦手、難しいと言う方も多いですね。

アイライナーを自由に使いこなすことができれば、目力アップが期待できる以上にメイクの幅ができて、お顔に自信が持てるようになります。

アイラインの引き方に慣れていない方は、ペンシルタイプのアイライナーで練習してから、リキッドアイライナーを使用すると良いでしょう

もし、リキッドアイライナーに失敗した場合には、綿棒にメイクアップリムーバーや保湿剤を浸して下にドラッグして拭くと、最初からやり直さなくても綺麗にシャープに再生できるようになります。

ただし、急がないでゆっくり作業を行うことが重要で、再びアイシャドウを塗れば綺麗に仕上がります。

 

 

●マニキュアの失敗
マニキュアを綺麗に塗れないと悩んでいる女性は多いものです。

綺麗に塗れない原因としては、次のようなものです。

・爪が汚れている。
・爪を磨いていない。
ベースコートを塗らない。
・マニュキュア液が撹拌されていない。
・厚い所で塗っている。
・多めに塗っている。
・爪に強く刷毛を押し付けて塗っている。

これらが、マニキュアを綺麗に塗れない主な原因になります。

マニキュアを綺麗に塗れなかったり、失敗した場合には、ネイルポリッシュリムーバーを綿棒や指に持ったパッドに浸して落とします。

その後、再び塗布しますが、滑らかに仕上げるためには、乾燥スピードが速い速乾性トップコートで仕上げるようにします。


●口紅の失敗
唇は他の部位の皮膚より薄く、更に皮脂腺や汗腺もないので、潤い難いが原因で乾燥しがちです。

そのような事から、口紅を塗ったとしても唇のトラブルは、意外と多いのです。

口紅自体に何らかの問題があって、塗った口紅のひび割れや色ムラ避けるためには、一定の時間が経過した後、口紅をメイクアップ除去ワイプで拭き取り、再び口紅を塗ると良いでしょう。

口紅がハミ出した場合は、綿棒を除去ワイプで浸して拭き取って修正します。


●マスカラの失敗
マスカラを付ける時に手が震えてしまったり、瞬きをしてマブタに付くことがあります。

体温によって、乾きが早まり取れ難くなることがあります。

このような場合は、マスカラ用クレンジングを綿棒に浸透させて拭き取るようにします。

マツ毛に適切マスカラが付かなかった場合や、ダマになった場合も綿棒で拭き取ってから、再びマスカラをつけるようにします。