読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美容の突然のピンチであなたを救うある方法!

あなたの間違った美容法で起きてしまった突然の美容ピンチに、一般家庭のどこにでもある用品で、あなたを救うことができるかも知れません。


アイシャドウやマスカラの失敗
アイライナーを使いこなし、更なる目力アップを目指したい方は多いようです。

しかしながら、アイシャドウやマスカラなどの目力アップアイテムの中でも、アイラインの引き方が苦手、難しいと言う方も多いですね。

アイライナーを自由に使いこなすことができれば、目力アップが期待できる以上にメイクの幅ができて、お顔に自信が持てるようになります。

アイラインの引き方に慣れていない方は、ペンシルタイプのアイライナーで練習してから、リキッドアイライナーを使用すると良いでしょう

もし、リキッドアイライナーに失敗した場合には、綿棒にメイクアップリムーバーや保湿剤を浸して下にドラッグして拭くと、最初からやり直さなくても綺麗にシャープに再生できるようになります。

ただし、急がないでゆっくり作業を行うことが重要で、再びアイシャドウを塗れば綺麗に仕上がります。

 

 

●マニキュアの失敗
マニキュアを綺麗に塗れないと悩んでいる女性は多いものです。

綺麗に塗れない原因としては、次のようなものです。

・爪が汚れている。
・爪を磨いていない。
ベースコートを塗らない。
・マニュキュア液が撹拌されていない。
・厚い所で塗っている。
・多めに塗っている。
・爪に強く刷毛を押し付けて塗っている。

これらが、マニキュアを綺麗に塗れない主な原因になります。

マニキュアを綺麗に塗れなかったり、失敗した場合には、ネイルポリッシュリムーバーを綿棒や指に持ったパッドに浸して落とします。

その後、再び塗布しますが、滑らかに仕上げるためには、乾燥スピードが速い速乾性トップコートで仕上げるようにします。


●口紅の失敗
唇は他の部位の皮膚より薄く、更に皮脂腺や汗腺もないので、潤い難いが原因で乾燥しがちです。

そのような事から、口紅を塗ったとしても唇のトラブルは、意外と多いのです。

口紅自体に何らかの問題があって、塗った口紅のひび割れや色ムラ避けるためには、一定の時間が経過した後、口紅をメイクアップ除去ワイプで拭き取り、再び口紅を塗ると良いでしょう。

口紅がハミ出した場合は、綿棒を除去ワイプで浸して拭き取って修正します。


●マスカラの失敗
マスカラを付ける時に手が震えてしまったり、瞬きをしてマブタに付くことがあります。

体温によって、乾きが早まり取れ難くなることがあります。

このような場合は、マスカラ用クレンジングを綿棒に浸透させて拭き取るようにします。

マツ毛に適切マスカラが付かなかった場合や、ダマになった場合も綿棒で拭き取ってから、再びマスカラをつけるようにします。

 

 

 

PMSに効果のある食物

女性は生理の始まる2週間程前になると、様々な心や体の不調が起こるPMS月経前症候群)で悩まれている方が多いと言われています。

PMSに効果のある食物を摂ることで、少しでも酷い症状を改善できたら、本人のみならずパートナーも少なからず安らぎを得られるでしょう。

<アボカド>
アボカドの栄養価は高く、オレイン酸リノール酸などの不飽和脂肪酸が多く含まれておます。

更に老化防止に有効な各種ビタミン類、マグネシウム、ミネラルなどが含まれていますが、PMSに有効なカリウムも沢山含まれております。

カロリー的にはアボカドは187kcalあり、バナナは86kcalですから、約2倍ほどの差になります。

アボカドには先ほど記しました通り、カリウムが沢山含まれております。


このカリウムPMSの症状の1つである浮腫みの予防に効果があります。

また、筋肉の痙攣を防いでくれますし、利尿作用もあります。

アボカド以外にカリウムが含まれる食材には、ほうれん草やブロッコリー、柿などがありますから積極的に摂るように心掛けて下さい。

 

【PMS、生理痛に効く】元気がない時のリストラティブヨガ

 

 <イワシ>

イワシには、多くの方がご存知の脂肪酸、ドコサヘキサエン酸(DHA)やエイコサペンタエン酸(EPA)が含まれています。

更に、イワシに含まれているビタミンDとカルシウムには、PMSの症状を軽減する効果があります。

また、含まれているオメガ3脂肪酸PMSの軽減、頭痛、乳房の圧痛、うつ病、神経過敏、集中力の欠如に効果があるので、積極的に摂取することをお勧めします。

<テーブルビート(ビーツ)>
テーブルビート(ビーツ)には、PMSの症状を軽減する効果があるビタミンB1ビタミンB2、更にビタミンB群の一種である葉酸も含まれております。

ビーツ・ビート::ロシア料理のボルシチに入っている真っ赤な野菜で、甘みと食感が特徴となっており、ビタミンB1とB2が100gあたり0.05mg含まれている。
また、カリウム460mg、葉酸110μgが含まれている

葉酸が少ないと精神的疲労や物忘れ、不眠を誘発することは良く知られております。

<パルス(豆類)>
ひよこ豆、レンズ豆、えんどう豆などのパルスには、非ヘム鉄が多く含まれており、PMS症状を低く抑える効果が認められています。

これはPMSの原因の1つに「貧血」があるので、非ヘム鉄の摂取は症状を抑えるのに有効と考えられています。

更にパルスは、安定したエネルギーを維持するための血糖値やインスリンレベルを調節するのに効果があると言われています。

<チョコレート>
マグネシウムが不足すると、PMSの症状の1つであるイライラが増大します。

ですから、生理前にイライラが生じる方はマグネシウムが含まれている緑黄色野菜や海藻を多く摂るようにします。

また、チョコレートにもマグネシウムが含まれていますから、生理前の間食にチョコレートを摂ることは、PMSのイライラを抑えるのに有効な方法なのです。

乾癬を改善するベストフードとワーストフーズ

乾癬と摂取する食物

乾癬を患っている方が、体重を落とすことで、症状が緩和するとも言われております。

バランスの取れた食事を摂ることによって体重が抑制され、心臓病や糖尿病、脳卒中などのリスクを下げることは良く知られております。

乾癬においても体重を抑制することは、症状の緩和に繋がる重要な要素になるようです。


ー乾癬に対処するバランスの取れた食事ー

 

<<乾癬に良い食物の摂取>>


<青魚の摂取>
乾癬はバランスの取れた食事を摂ることが大切ですが、青魚を摂取することも非常に重要です。

特にサケやサバ、イワシなどにはオメガ3脂肪酸が豊富です。

このオメガ3脂肪酸には免疫系の過敏な乾癬を助ける働きを持っていますから、青魚は週2回以上摂取することをお勧めします。

オメガ3脂肪酸脂肪酸飽和脂肪酸不飽和脂肪酸に分けられ、不飽和脂肪酸はオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸、オメガ9脂肪酸の3つに分けられます。

オメガ3脂肪酸には、青魚や亜麻仁油、緑黄色野菜に含まれるαリノレン酸、ドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)が含まれ、炎症を抑える効果があります。

 

<ニンジン・カボチャ類の摂取>
野菜や果物には高い抗炎症作用が有ります。

特に乾癬の症状緩和に有効な野菜には、緑黄色野菜のニンジンやカボチャ、更にサツマイモ、ケール、ホウレン草、ブロッコリーなどもあげられます。

ニンジンなどに含まれるカロテンには、α‐カロテン、β‐カロテン、γ‐カロテンがありますが、緑黄色野菜のカロテンはβ‐カロテンになります。

β‐カロテンは体内に入ると必要な量だけビタミンAに変わる性質を持ち、ビタミンAが不足すると様々な病気や不都合な状況が生じることになります。

ビタミンAの過剰摂取も頭痛などの体への不都合は生じますが、β‐カロテンを過剰に摂取したとしても必要な量だけがビタミンAに変化するので、体への不都合はなんら生じる事はありません。

ニンジンに含まれるβ‐カロテンは皮の部分に多いので、皮をむかないで綺麗に洗って調理するようにした方が良いです。

しかし、β‐カロテンは水に溶けにくく油に溶けやすいという性質があり、更に生のままの吸収率が8%ほどで、煮た場合では20~30%になります。

ところが、油で炒めると吸収率が60~70%と高くなりますから、ニンジンを食する場合の調理法は、油を使うべきでしょう。

 

<穀類の摂取>
全粒粉パンやシリアル、パスタ、オートミールには、抗炎症・抗酸化物質が多様に含まれており、乾癬に効果があるので食事取り入れて下さい。

抗酸化物質:抗酸化剤とも呼ばれており、酸素が関わる有害な反応を弱めたり、除去したりする物質の事です。


<ブルーベリーの摂取>
ブルーベリーには抗炎症作用があるだけでなく、ビタミンCやマンガン、更に食物繊維も豊富なので乾癬の改善に効果があります。


抗炎症作用:字の通り炎症(発熱、発赤、腫れ、痛み)を抑える作用のことを言います。

 


<<乾癬に悪い食物>>

 

<アルコールの排除>
アルコールの摂取は、炎症を増加させて乾癬の発生を誘発させると考えられているので、飲酒はしないようにします。

<肉の排除>
肉などはあまり摂らないようにしますが、食べる時は脂肪をカットして摂るようにします。

 

<砂糖の排除>
精製糖は健康のためにも良くなく、体重増加の原因でもあり、乾癬を悪化させます。

<揚げ物の排除>
揚げ物は体内の炎症を促進させるので乾癬を悪化させます。

乾癬以外にも心臓病や他の病気、更に健康への高いリスクと関係しているので揚げ物の摂取は止めます。

 

<トマト類の排除>
ジャガイモやピーマン、トマトはナス科の野菜ですが、これらは乾癬を悪化させるので摂らないようにします。

 

グルテンの排除>
食事からグルテンを排除すると乾癬の症状が改善するので、グルテンフリーの食事を摂るようにします。

グルテンフリー:小麦や大麦、ライなどの麦類に含まれているたんぱく質の一種であるグルテンを使わない食事療法の事です。


<乳製品の排除>
乳製品を排除することで症状の緩和が見られるという報告があります。

牛乳を飲まれる方は、代替品として豆乳をお勧めします