読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

速聴のメカニズム

速聴とは、眠っている「脳の働き」を起こす方法です。

人の脳は、常に動いている訳ではありません。

脳の中で、精神活動に一番関わっているのが大脳皮質と呼ばれる部分です。

140個以上の脳神経が大脳皮質にあるのですが、その中で動いているのは3%にも満たないといわれております。

つまり、残りの97%は、眠ったままの状態でいることになります。

この97%の脳神経細胞を動かすことが出来れば、他の人との差をつけることが出来るようになります。

この97%すべての脳神経細胞を目覚めさせるのは困難ですが、たったの1%でも目覚めさせることが出来れば、他の人よりも様々な優れた能力を身につけることが出来ます。

頭の回転が速いとか、頭がキレる人たちが世の中にはいますが、これは眠っている97%の内の数%が起きているからなのかもしれません。

速聴は、寝ている脳神経細胞を起こす方法としてあるようです。

速聴によって、普段寝ている脳神経細胞に働きかけ、刺激を与えることで、眠っている97%の内の数%が起きることになります。

起きた数%の脳神経細胞が、集中力をアップしたり、判断力がアップしたりして能力が開発されていきます。

眠っている潜在能力を起こす働きが、速聴にはあるようです。

 

 

 

 

広告を非表示にする