読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イチゴ鼻の改善は洗顔でする角栓の除去!

 

毛穴の黒ずみが取れない!
イチゴ鼻はイヤ!

 

多くの方を悩ませている「イチゴ鼻」は、治りにくいと言われています。

では、どうしたら綺麗な状態に戻せる?

赤ちゃんのような・・・そこまでは望まないまでも、すっきり黒ずみが消えた状態に戻したい!

・・・そう考えている方は殆どの方ようです。

それだけ毛穴の黒ずみは根が深いと言えそうです。


イチゴ鼻の正体は、毛穴の「角栓」ですね。

毛穴に角栓が詰まって酸化し、黒ずんでイチゴ鼻状態を作ってしまいます。

もちろん角栓の他に、産毛や肌に付いた汚れなども一緒に入り込んでしまうので、黒ずみは一段とイチゴに似て来ます。

イチゴ鼻の原因が毛穴の角栓の詰まり!という事が分かりましたので、とにかく毛穴の詰まりを解消しましょう。

 

 

毛穴の角栓の除去

角栓の除去方法はいろいろありますが、ピンセットや毛抜きで引き抜くのは止めた方が良いでしょう。

もし、引っこ抜いた場合には、毛穴が開きっぱなしになり、雑菌が入り込んだりしてニキビの原因にもなります。

抜きたい気持ちを抑えて、ピンセットや毛抜きは使わない方が賢明でしょう。

また爪を使って押し出す事も、肌を傷つけますからNGになります。

 

鼻・Tゾーンの角栓の除去法

鼻・Tゾーンの角栓を除去するには、次のような流れになります。

(1)蒸しタオルなどを使って鼻部分を温める。
 
(2)タオルの上から黒ずみ部分をマッサージして角栓を柔らかくする。
 
(3)洗顔料を十分泡立ててぬるま湯を使って洗顔する。
 

クレンジングオイルで角栓を除去する方法は効率的な感じがしますが、肌に必要な皮脂まで取り除いてしまう可能性がありますから、使う場合はソフトな商品を選ぶようにした方が良いでしょう。

 

イチゴ鼻にならない普段の手入れ

毎日、時間に追い立てられて余裕と言うものがなくなり、どうしても手抜きになってしまいがちな洗顔やクレンジングですが、踏ん張って丁寧にしないと毛穴の黒ずみに悩まされ続けることになります。

イチゴ鼻にならないためにも、余分な皮脂が肌に溜まらないようにする必要があるでしょう。

毎日の洗顔は、洗顔料できめ細やかな泡を作り、ゴシゴシ強く洗わないで、優しく洗うことで肌へに負担がなくなり、毛穴の奥の汚れまで綺麗に落としてくれます。

しかし、皮脂の失った肌には、それをカバーするように皮脂が大量に分泌されてしまいますが、保湿をすることで皮脂の過剰分泌が抑えられ、ターンオーバーを正常に向かわせます。

十分に保湿を行うことで毛穴の黒ずみは改善され、延いてはイチゴ鼻の改善に繋がって行くのです。