読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニキビに対処して美肌を復活!

 

朝、洗顔する時にニキビを見つけたことはありませんか?

「まだ若いんだ!」と思う方もいらっしゃるでしょうが、早めに治して痕が出来ないようにしようと躍起になることと思います。

学生時代に悩まされたニキビ(思春期ニキビ)が、大人になってから再びニキビに悩まされる女性は意外に多く、50%程にもなります。

学生時代のニキビと大人になってからできるニキビ(大人ニキビ)の違いは何なのでしょう。

大人になってからのニキビは、痕が残りそうな感じがしますが、原因と対処法を知ることで綺麗な肌を維持できると思います。

  

  

ニキビの原因

ニキビには思春期ニキビと大人ニキビがあり、ニキビ自体がどなたにもできる事から、呼び名もニキビ、吹き出物、尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)、面皰(めんぽう)、アクネなどとも呼ばれています。

 

思春期ニキビの特徴と原因

思春期はホルモンの分泌が盛んになりますが、過剰に分泌されることで、おでこや鼻(Tゾーン)の毛穴に皮脂が詰まりやすくなり、ニキビの原因であるアクネ菌が繁殖しやすい環境が作られます。

 

大人ニキビの特徴と原因

大人ニキビは思春期を過ぎたあたりからフェイスライン(Uゾーン)に出始めますが、様々な原因(ホルモンバランスの乱れ、飲酒、喫煙、ストレス、不規則な食生活、間違ったスキンケアなど)が重なるとより顕著に現れてきます。

 

思春期ニキビの対処法

思春期ニキビはホルモンの過剰分泌により、毛穴が皮脂で詰まることが要因ですから、洗顔で余分な皮脂を洗い落とすことが重要です。

ゴシゴシ強く洗うと、ニキビの悪化を招きますから、十分泡立てて丁寧に優しい洗顔を心掛けるようにします。

 

大人ニキビの対処法

大人ニキビは、思春期ニキビと違って再発しやすいという特徴があります。

また、ニキビが治ったとしても痕が残りやすいことから、ニキビに神経質になる女性が非常に多いことが理解できます。

大人ニキビは痕が残りやすい理由としては、学生時代の若い頃に比べて、ターンオーバーが遅くなっていることです。

ニキビによって肌に炎症が起きた場合、ターンオーバーが遅いため、肌が生まれ変われずに炎症部分がシミとなって残る、痕が残るということになります。


● 大人ニキビの防止と改善
・大人ニキビができないようにするには、生活習慣を見直す必要があります。

食生活ではバランスの取れた栄養素の摂取を心掛け、アルコールや煙草を控えて睡眠を十分取るようにします。

また、ストレスを溜めないようにし、外出時には紫外線を浴びないようにすることも、大人ニキビができないようにするには必要なことなのです。

 

● ニキビを悪化させない
・大人ニキビを悪化させないためには刺激を与えないことも重要ですから、ニキビ部分に髪が触れないようにします。

 

● 炎症を抑える
・炎症を抑えるためには、抗炎症作用のあるグリチルリチン酸ジカリウムが含まれる化粧水を使用すると良いでしょう。

 

● 洗顔をする
・洗顔はゴシゴシ洗わずに、ぬるま湯で優しく丁寧に汚れを洗い落とします。

 

● 保湿をする
・肌に潤いを与えるために、セラミドヒアルロン酸、コラーゲンなどが含まれる化粧水で十分な保湿をします。