読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語は世界共通語

英語は今や日本人にとって身近なものとなって、何処へ行こうと何を見ようと、ほとんどのものに英語が含まれています。

日本の有名観光地以外でも、地下鉄やバスの案内でも英語で書かれております。

英語を母国語としていない国では、どのようになっているのでしょう。

ホテルでは、日本と同様に英語が通じるのは当たり前ですが、母国語でない英語を話せる人が、他国では多いという事です。

英語は世界共通語に近付いているようですが、英語人口から見てみると、英語が共通語と言えるかどうかは疑問になってきます。

3億4千万人に上る人が英語を第一言語としていますが、中国では9億人が住んでいますから、英語と比べると圧倒的に多いということです。

しかし、中国語は中国でしか話されていませんので、そう考えると世界共通語は英語に落ち着いてしまいます。

自分の意思を英語で伝えることが出来れば、どんな国へ行こうとも不自由なく闊歩する事が出来ます。

英語には、イギリス英語とアメリカ英語があるとされていましたが、その区別も今では無くなっています。

 

英語を世界共通語にすることで、世界の人々と意思の疎通が出来ると様々な問題が解決するかもしれません

 

 

 

 

広告を非表示にする