読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語教育 

英語教育 

英語教育に関して、日本は世界と比べると比較的早い時期に始まります。

中学、高校、大学と学習を続けると10年学ぶことになります。

10年という期間、語学を学習していれば話せる、と考えるのが一般的です。

大学までの10年という期間、英語を学んできたはずなのに、ほとんどの学生は話す事が出来ません。

英語教育を受けてきたのに、英語を話せないという現実。

中学、高校、大学での英語学習は、無駄だったのでしょうか。

否、そんなことは、ありません。

しっかり高度な英文法だけは学んで来ています。

英語担当の先生が、しっかり黒板に文法を教えてくれました。

どの先生も同じ様に黒板を使っての英語教育でした。

授業の開始に英語で挨拶等をする先生もいましたが、中身がなく教科書に沿った黒板学習でした。

外国教師が授業をする事もありますが、年に数回では英会話が出来る訳がありません。

英文法との格闘に10年を費やしたものの、会話が出来る域には到達できませんでした。

英会話に重点をおいた学習をしないと、いつまで経っても会話は出来ないでしょう。

広告を非表示にする